脊柱管狭窄症

このような症状でお困りではありませんか?

  • 歩いてしばらくすると腰から下にしびれや痛みが出て歩けなくなる少し休むと症状は治まって歩けるようになるが、休みながら歩かないと目的地に到着できない
  • 歩くのはしんどいが自転車は乗れる
  • 腰から下に力が入らない感じがある
  • 立っているだきで腰から下のしびれや痛みがでる
  • 痛みやしびれは足の両側にある
  • 前かがみになったり座ったりするとらくになる
  • 上半身を後ろに反るのがつらい
  • 腰はそんなに痛くないが、臀部より下が痛みやしびれがある
  • 痛みはあまりないがしびれがつらい
  • シップや注射、マッサージは効果なかった

脊柱管とは、脳から出ている神経が背骨の中を通っているトンネルのことです。トンネルの周りには椎骨や靭帯や椎間板があり、トンネル(脊柱管)が何らかの原因で狭くなってしまい痛みやしびれなどの症状が引き起こされることを脊柱管狭窄症と呼ばれています。

原因は色々ありますが、長時間のデスクワークや運転、重労働やかれいによって狭窄を起こすことがあり、脊髄神経や神経根を圧迫し、しびれや痛みといった症状が臀部や腰から下の後方や側面に現れます。

道の整骨院で行う「バイタルリアクトセラピー」は、痛みや痺れのある所だけの施術は行いません。脳の誤作動を取り除き、あなたの本来あるべき身体の構造を正常に戻すことにより、神経や血流が正しく働きだし、眠れる身体・治せる身体になる施術を行います。

そして「骨格」「筋肉」「神経」にアプローチし根本的な改善をすることであなたの抱えている症状が再発しにくい身体にする、根本的改善のための施術を行っております。これが、坐骨神経痛の治療に必要な、「構造」を治し「機能」を治す、それにより人間が本来持っている自然治癒力が高まる身体ということです。