交通事故で多い「むちうち症」という症状は、筋肉・靭帯の炎症が神経や脊髄にまで障害が及ぶことがあります。事故当日は何とも無かったのに、数日後から体のだるさ・手のしびれ・寝違えったような痛み等。事故後、数週間経ってから痛みが出てくるというケースもあります。そのため、事故直後の原因の特定と施術が重要です。何年にも渡って患者様のお身体に障害が残るケースもあります。交通事故に遭ってしまったら、後遺症でその後の人生を後悔しない為にこのページを読んでいただき早期の治療を強くお勧めいたします。

まずは警察へ交通事故の届け出をしましょう

交通事故が起こってしまったら、まずは警察への連絡をしてください。加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。
ここで特に注意しなければならないのは、怪我を負ってしまった場合は「人身事故扱い」の届出が必要です。この「人身事故扱い」の届け出が警察に出されないと病院や整骨院での治療が自賠責保険ではなく、自費での扱いになってしまいますのでご注意ください。

情報の把握と記録をしてください

警察への連絡後、現場への到着まで多くの方が行うこととしてまずはご自身が加入されている任意保険の保険会社への連絡とともに以下のことが大切になります。

  • 相手方の氏名(免許証の確認等)
  • 相手方の保険会社の名前と連絡先を確認
  • 車のナンバーの確認
  • 現場の状況や事故の度合いをスマートフォンなどで写真による記録
  • 他にも勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先、名刺。

病院への受診を必ずしてください

交通事故に遭われ人身事故の扱いにするには、総合病院や整形外科クリニックなどに受診をしていただき診断書を出していただきます。交通事故による受傷を証明する診断書を警察に届け出をしてください。

保険会社へ当院での治療を希望する旨を伝えてください

相手方の保険会社へ、「道の整骨院」に通院する旨ご連絡ください。保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。  

当院で施術するメリット

交通事故の治療といっても症状は人それぞれです。道の整骨院では患者様の症状に合わせた治療方法を選択し早期の苦痛緩和を目指してます。干渉波や低周波をはじめ、手技や高性能体表温度測定器「DTG」、最新のコンピュータシステム治療器「バイタルリアクトセラピー」を導入しております。当院で行っている「バイタルリアクトセラピー」は骨格・脊柱矯正に特化し、従来の矯正施術に比べ安全性と精度が高くお子様から御高齢の方まで安心して受けていただけます。

当院では交通事故対応専門の弁護士事務所と提携を結んでおります。

よくある質問

Q,治療費はどのくらいかかりますか?

A,交通事故の治療費は相手方の保険会社から支払われますので、患者様の負担金なしで交通事故の治療を受けて頂くことができます。

Q,保険会社が薦める病院に行かなくてはならないのですか?

A,治療を受ける医療機関を選ぶのは患者様個人の自由です。

整骨院でも自賠責保険・任意保険を使って交通事故治療を受ける事が可能です。

Q,治療期間はどれくらいかかりをうですか?

A,個人差はありますが症状の軽い方は3週間程度ですが、交通事故による症状の多くはは3~6ヶ月通院していただく方が多いです。

Q,別の医療機関(病院、整形外科、整骨院)からの転院は可能でしょうか?

A,可能です。相手方の保険会社の担当者様に「道の整骨院」に転院しますとお伝えしてください。

Q,病院への通院もしていいですか?

A,病院へ定期的に(月に一度推奨)受信して頂けます。症状の経過を診ていただき、治療は当院で受けていただくことが出来ます。

Q.毎日通院してもいいですか?

A.もちろん毎日通院して頂いても大丈夫です。

Q,予約をしたほうがいいですか? A,患者様をお待たせしないために当院は予約優先制で行っております。